日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

SDGsで描く共感資本社会の組織の幸せの未来像<日本ES開発協会Springセミナー>

SDGsって最近よく聴くけれどやった方が良いの?

SDGsに取り組んでいる会社とそうでない会社の違いは??

「SDGs」という言葉を耳にする機会が増えてきましたが、自分ごとで考えるのがなかなか難しいという声が聴こえてくるのも事実です。そのような多くの方々の心の声を踏まえて、「SDGsとは」を学び自分たちごとで捉える機会をつくりたいと思い、講師に影山摩子弥先生をお招きして、お話いただくことと致しました。
影山先生は、SDGs先進地域とも言える横浜で、”横浜型地域貢献企業”の認定制度を立ち上げ、CSRの取り組みを推進してきた方です。
今回、影山先生には、SDGsをCSRに紐づけて解説いただきながら、企業経営におけるSDGsのさまざまな意味を教えていただきます。

SDGsの取り組みを通して持続可能な社会を実現するために、まずは自分が”今ここ”の幸せを感じていくこと。
そして、自分たちの職場や地域のつながりを通じて幸せ感を広げていくこと。
共感資本で結び付く多様な方たちと共に、SDGsのその先にある”幸せ”について考えていきたいと思います。

「SDGs(Sustainable Development Goals)」
:2015年9月の国連総会で採択された「持続可能な開発目標」のこと。“持続可能な世界”を実現するための2030年までの国際社会の共通目標とされている。

 

●開催日時

 令和2年3月4日(水)17時~19時

<タイムスケジュール>  ※16:45 開場
・ごあいさつ
・基調講演
・対談形式でワークショップ
・おわりに

●受講料:3,000円

※受講料の一部は、「はたらく力を増やす!ソーシャルアクション基金」への寄付と致しまして、日光街道沿いの地域の子どもたちのお仕事体験「はたラボ」運営費に充てさせていただきます。
*本セミナーは、日本ES開発協会新年会プログラムの一環として開催致します。セミナー終了後引き続き新年会にご参加いただける場合は会費7,000円(セミナー受講料・食事代込み)(学生 1,500円)となります。

●会場: ベアーズ・テーブル

111-0034 東京都台東区雷門2-15-1 デコルテ浅草ビル1F

地下鉄銀座線 浅草駅 2番出口徒歩3分/都営浅草線 浅草駅A4番出口徒歩3分/東武伊勢崎線 浅草駅 7番出口徒歩5分

地図▼

 

<ゲスト>

影山 摩子弥 氏(横浜市立大学都市社会文化研究科教授、横浜市立大学CSRセンター長)

1959年静岡県生まれ。早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程修了。2001年横浜市立大学商学部教授。2005年国際総合科学研究院教授などを経て、都市社会文化研究科教授に就任。研究テーマは経済原論、経済システム論、地域CSR論。2006年同大学CSRセンターを設立、センター長に就任(現在、同センターは合同会社)。業界単位で初めてのCSR認定制度「全日本印刷工業組合連合会CSR認定制度」の設計を担う。著書に『なぜ障がい者を雇う中小企業は業績を上げ続けるのか?』(中央法規出版)など。

 

<お申込みはこちらから>

参加日
令和2年3月4日(水)

参加区分
セミナーのみセミナー終了後の新年会(懇親会)も参加

会社名

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

お電話番号 (必須)

備考・参加者のお名前(複数名の場合)

 


コメント受付中です!

コメント受付中です!