日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

Good job プロジェクト, 未来の新たな”はたらくカタチ”

古河~石橋、31kmを制覇!

9/5(木)は、古河~石橋間の予行演習。
今回の徒歩チームは、雨の中31kmを踏破!ペースをくずすことなく、無事ゴールしてくれました!

まちあるきチームは、古河の歴史をたっぷり堪能。知られざる古河の魅力に圧倒されながら、自然と歴史に浸りつつ学びつつ…。古河から間々田までは徒歩チームを想いながら歩みを進めました。

 

まちあるきチームは、古河を中心に歴史博物館などを回ります。その中で、私たちの心をくすぐるお茶屋さんが!昨年、おづつみ園さんの講演を聞いたこともあって、惹かれるようにお店の中へ…。

日光街道を歩きながら、地域の歴史を学んでいる、というお話をしたところ、古河やお茶屋さんの歴史についてお話を聞かせてくださいました。
古河には、歴史あふれる建物や景色がたくさんあるのですが、なかなか表に出せていないという感じがありました。地域の方もそう感じることがあるようで、「ぜひ私たちJESが、古河のような地域の歴史を皆さんに伝えるお手伝いをしたい!」と思いました。

1267494_518451021574534_1809414653_o

お店にあった、「日本茶飯事」という言葉。
日常茶飯事〔お茶やご飯を日々食べることから、毎日のありふれたこと〕が、日本の日常ではなくなってきていることから、日本の日常である茶飯を大切にしたい、という想いから生まれたのだそうです。

桜のすてきな湯呑み茶碗とおいしい濃い目のお茶。
心もからだもあったまりました。ありがとうございました。

 

古河の歴史館を巡って歩いていると、こんなにすてきなお家が!

古河は、歴史のある城下町で、今も、蔵がたくさん残っているなど、100年以上の記憶のある建築物も多いまちです。ただ、今はまだそれが点在し、ひとつの「まちなみ」として成り立っていない印象で、なかなか外の人にストーリー伝えられていません。そんな中、この鷹野泉石氏の築300年の古民家など、魅力のひとつ。このまちをプロデュースする目線でまちあるきをしてみたら、新たな発見、視点がみつかるかもしれません。まるっと学びやの宝庫ですね。

1175324_210577295732648_1519426420_n


コメント受付中です!

Comment





Comment