日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

未来の新たな”はたらくカタチ”

歴史に浸かる・人に浸かる”日光杉並木” [日光街道まるっと学び舎プロジェクト]

Good job プロジェクトのイベントの一つ、日光街道まるっと学び舎プロジェクトでは、日本橋から日光東照宮までの143kmの道のりを五日間に分けて歩き通しています。

1344_356880554442315_210919105_n

その道のりのなかで、もっとも自然と歴史あふれるのが、「日光杉並木」。

大沢宿から日光まで、約16,5kmの杉並木が続きます。この日が最終日ということもあり、杉並木を歩いていると、「とうとうここまで来たか…!」と何とも言えない気持ちになってくるのです。

この杉並木の中で、しんとした空気や、杉のにおい、小川がちょろちょろ流れる音、色々な自然を知ることができます。そして自然を感じながら、それを分かち合える仲間とともに歩くことができるというのは、何とも嬉しいことです。

普段からお世話になっていても、そのことが当たり前になってしまって「ありがとう」が減っていく。

そんな経験はありませんか?

誰かと一緒に汗を流して、力のかぎり動く。

そんな機会が減りすぎて、その楽しさを忘れていませんか?

お互いに高い夢を持っている仲間と、自分たちの未来を語り合う。

そんなことはもうできないなあと思ってしまっていませんか?

1075609_356880154442355_2023362394_o

みんなが一生懸命だから、自分も一生懸命になれる。

みんながしっかり聞いてくれるから、自分もしっかり話すことができる。

これからの“ハタラク”について、皆さんも一緒に考えてみませんか?


コメント受付中です!

Comment





Comment