ローカルではたらく

【子どもたちが描く! 未来の粕壁の”はたらく”】

 

下の写真は、未来の粕壁を担うカスカビアンである子どもたちが、元気よく無邪気に絵を描く姿。まさに圧巻の一言です。

 

私たち大人の視点からは、子ども達が一体なにを描いているのか想像もつかないでしょうが

(自分もですが笑)、ただ一言言えることは、

其の絵には子どもたちの将来の”はたらく”とその希望がいっぱい詰まっているということ。

この「未来のかすかびあん」プロジェクトを通して、子ども達が思い描く未来の粕壁が実現できるように、

サポートしていくことができるように当協会メンバー一同善処していこうと思います。

 

12665858_549123748602584_122869253_n

 

 

また本年の1月に西武春日部店、2月に東部地域振興ふれあい拠点施設・ふれあいキューブにて

作品を展示させていただきました。

子どもたちが描いた未来の”はたらく”を、是非皆様も見て感じてみてはいかがでしょうか。

 

12714374_906425189452712_1880830701_n

←当協会のメンバー 村田さん、瀬戸山さん

 

 

 

第6回 Good Job グリーンフェス 中ブース編

11月21日 「第6回 Good Job グリーンフェス」がアクシス春日部で開催されました。

 

今回は昨年と会場が変更し、「アクシス春日部」で開催されました!!

今回は外ブースと中ブースの二つに分かれそれぞれ展示やゲーム。

ブース出店の模様などを紹介していきたいと思います。

今回のグリーンフェでは、感じる・楽しむをテーマに中ブースではこのような事が

行なわれました。

 

まずは感じるのテーマに沿って行なわれたのが、

春日部オールロケ短編映画 「一葉の桐」上映会&トークショーが行なわれました。

「一葉の桐」とはどのような映画か?

春日部の桐箪笥をはじめ、麦わら帽子、押絵羽子板、大凧・地酒など多くの‘各壁生産品・各署‘が登場する映画になっており、

「はたらく‘って何?」など感じ、考えてもらうために上映されました。

そのあとのトークショーでは春日部で桐箪笥を作っている

飯嶋社長と当協会会長の金野がお話させていただきました。

 

IMG_1337

‘ローカルではたらく‘をテーマにお話させていただきました。

 

次に楽しみがテーマとなっている

ストラックアウト&キックターゲットを行ないました!!

子ども達もたくさん参加してくれて楽しんでもらいました!

 

DSC_0306

←子どもたちを応援している村田実行委員長とゆるキャラ2対(笑)

すごく楽しそうです!!!

 

その他にも特別企画で「未来のかすかびあん」が開催されました。

未来の春日部で暮らし、はたらく人「かすかびあん」を子供の豊かな感性を活かして描き、一枚の作品にします。

子供達が創り上げる「未来の春日部」はどうなっているのか?

 

DSC_0368

 

IMG_7057-5             DSC_7503-18             DSC_8054-140

 

子供達が楽しそうにらくがきをしています。

完成したものは展示されていますのでチェックしてみてください!!

 

その他にも沢山のブースがありました!

 

DSC_0296

←リーベタカハシ様 革工房KERO様 革工芸(さくら)様

 

DSC_0288

→読売IS様

DSC_0289

←フロリエイド様

DSC_0286

←一文字セラピー様

 

DSC_0298

←パワージュエルセラピー協会様

 

その他にも、沢山の方々が参加してくださいました。

飯島桐箪笥製作所様 ソニー生命様 一ノ割珈琲工房様 はじめ様 フロリエイド様

I Cassa様 金谷ホテルベーカリー様

ご参加いただきありがとうごさいました!

 

プランター教室も開催されたくさんの方が参加してくださいました。

とても興味深い授業になりました!!

DSC_0302

その他にも景品をかけてのじゃんけん大会や中ブースでも

楽しく開催されていました。

DSC_0422

DSC_0347

 

ご参加して下さった皆様ありがとうございました。

 

中ブースも盛り上がりましたが外ブースも負けていません!

次の記事では外ブースを紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

第6回 Good Job グリーンフェス 外ブース編

 

 

前回の記事では中ブースをご紹介させていただきましたが

今回は外ブースを紹介させていただきたいと思います。

 

DSC_0121

最初は和太鼓による演奏。

迫力がありました!!

 

外ブースでは主に食べ物や植物といったブースが並んでいました。

ココで出店者様をいくつかご紹介したいと思います!

 

 

DSC_0073

ラウラのキッチン ドイツ料理をラウラが作ってくれました!

 

DSC_0215

おづつみ園様

DSC_0211

 

DSC_0338

NPO 法人藤源郷

 

DSC_0334

ぱなり様

DSC_0205

勝山商店様

DSC_0207

七夜さま

その他にも、たくさんの出展者様が参加してくださいました!

前田牧場様 903シティファーム 菓子匠青柳様 伊勢や様 キッチンハル様

お菓子の家 スワン様 ミートショップ関根様 ASAKUSA Gate cafe

たくさん美味しい料理を出店して下さりとても当協会メンバーも

仕事をしつつ料理を楽しんでいました!

とても美味しかったです。

 

DSC_0156

DSC_0181

DSC_0192

DSC_0400

DSC_0244

DSC_0250

 

沢山の笑顔と仕事風景が見られとても楽しいイベントになりました。

様々な協賛企業様のおかげで今年も無事に開催し終了することが出来ました。

来年も今年以上に盛り上げられるよう努力していきますので

よろしくお願い致します。

 

その他に学生インターン、高校生ボランティアの皆さんも参加して下さり

若い人の力の強さを実感いたしました。

ありがとうございました。

 

 

 

いろいろなメディアでご紹介いただきました!

 

春日部で開催したグリーンフェスについて、 いつも新聞折り込み等でお世話になっている岡本さんのご紹介で、

地域新聞さんに掲載して頂きました。

あらためて、地域の方々に支えて頂き、開催しているイベントだなと、実感します。

 

12365931_957962820956683_5090213378460174613_o

これが地域新聞で紹介させていただいた記事になります!

 

そして、J:COMさんで埼玉県の番組でグリーンフェスについて放送されました!

これも驚きました。

当日、当協会の実行委員長の村田と事務局長の瀬戸山が取材を受けました。

緊張の面持ちでしたが、放送された映像はとてもよく紹介されていました!」

とても感動しました。

12268901_868594053235826_1319998247_o

 

12286043_792689927507005_182906251_n

 

取材された様子です。 すごく新鮮です。

12274397_869880973107134_8220924407162125414_n

12249933_869880993107132_9167220699279532673_n

12112474_869880969773801_2546250186114190699_n

このように紹介されました!嬉しいです。

メンバー全員でこの取材の映像も何回も見ていました!!

12311118_869880963107135_9113674814295126039_n

 

12289664_869880966440468_2447865844528341838_n

 

来年のグリーンフェスでも紹介して頂けるように

力をいれ、春日部の地域を盛り上げられたらと思います。

メンバー一同頑張りますので、今後の支援、応援をよろしくお願い致します。

 

 

 

グリーンフェス開催までの道程

 

2015年11月21日

当協会主催 「第6回 グリーンフェス」が開催されました。

 

このイベントは年に1度しかないイベント

自分たちの地元ではない「春日部」を舞台に地域プロジェクトのためにあるこのイベント。

当協会では毎年一つ一つの活動を学生が中心に考え運営しています。

そこで、本番当日までの道程を紹介していきたいと思います。

 

 

12115499_934774783275487_2926158475410487938_n

← グリーンフェスに参加して下さったみなさま。

 

12240128_1102223286456811_680986578113969167_n ←ラウラによるブース用看板作り。30枚作ってくれました!

 

11921627_910262605726705_3592966076392527796_n ← 【お菓子の家 スワンさん】  石川社長

 

11954559_913673025385663_8003383680483333922_n ← 【ミートショップ関根さん】  関根さん

 

グリーンフェスに向け学生インターン生が挨拶周りをしました。

 

12241382_944715805614718_2374818074491031457_n

春日部のイベントに学生インターンの2人がグリーンフェスに参加して下さった

おづつみ園社長 尾堤 宏様

またチラシ配り、ポスティングなども行いました!!!

12516280_1775501799346503_297132592_n      12767627_1775501819346501_1794511492_n

会場の近くのマンションでポスティング                              春日部にあるで薬局でポスターを貼らせていただきました!

 

12767360_1775501789346504_1637535147_n ラウラもポスティングに参加してくれました!感謝です!

 

この他もかすかびあんでの活動や会場のセッティングなど。

沢山の業務をこなし、たくさんの方々の支えがあり、無事に開催することが出来ました。

学生インターン生は初めてなことばかりでうまく進まない部分もありましたが、

いい経験になりました。

これほどグリーンフェスに力を入れていました。

次の更新では、グリーンフェスの当日の流れや中と外のブースごとに紹介させて頂きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

【アルパカ収穫祭&青空教室 開幕 -農を通して語る未来の”はたらく”-】

 

越谷にあるアルパカファームで「青空教室」を開催しました。

この日は風が強く、ビニールハウスの中で行われました。

 

10 080 →ビニールハウスの中で講義を行なっています。

 

10 129

 

 

10 210 →美容師 今井さん

青空教室!

まさかの外で髪を切っています!とても新鮮で気持ちよさそうです。

 

10 325

そのあとにはグループディスカッションを行ないました!

10 319

今回はこのテーマに沿って画用紙に考えや価値観を

それぞれ書いてもらい意見交換してもらいました。

 

そのあとはアルパカファームで育てた野菜を参加者の皆さんと一緒に

収穫してきました!!!

10 400 →二人で頑張ってさつまいもを収穫中!

10 488

 

10 501 みんなで収穫した野菜と共に記念撮影。

 

12188467_857793447649220_472018389_n

収穫祭の後は夕日を見ながら食事し、場づくりをしていました。

当協会ならではの場づくり。

手づくり感満載です。

 

青空教室でビニールハウスの中で講義、食事や野菜の収穫もできる

アルパカファームはとてもいい場所です。

 

本年度の収穫祭に来てくださった方々には、心より感謝申し上げます。

現在、働くことに対して意義を、未来に対して希望を見出すことができない若者が増えつつあります。

そんな若者達の悩みを解決できるような場を幅広く提供できるように、当協会は

日々新しい未来の働き方のイメージを発信していきます。

 

また開催できる日を楽しみにしています!!

 

 

【アルパカファームの日常 -農とつながる私たちの暮らし- 】

埼玉県越谷市にある広大な畑の一つ、アルパカファーム。

この畑は当協会にとって毎シーズンごとの新鮮な季節野菜を収穫するための場所としてだけでなく、

同時に農と学生たちをつなげるための大切な場所。

 

12046737_1078796275466179_7844652256778518250_n ←楽しそうに作業を行なっている学生インターン生

 

小学時代以降、農業の体験機会が少ないためか、

初めての農作業に戸惑いながらも、最後は笑顔で「また体験したい」と言われるほど、

魅力溢れる畑として当協会の大切な活動拠点として役割を果たしてくれています。特に畑の土壌作りや種まきなど、

美味しい野菜作りには欠かせない作業の指導をしてくださるのは、

社労士を本業としながらも、農業を通して自然にふれあい、周りの人を幸せにできる素敵な方、小池さん。

12011118_923744227711876_1843101177434234509_n

→ 仲良く作業している当協会メンバー 瀬戸山と学生インターン

 

10 398 ←小池さんが収穫の仕方を教えている風景

 

その魅力はインターン女子高生のハートを仕留めるほど(笑)。

農作業を通じて、日々当たり前のように食べている野菜ひとつひとつの

ありがたみを知ることができることは勿論、

手間をかけて一つの野菜を作ることの楽しさを深く感じることができます。

12743891_994368267316138_6626742833549893212_n (1) ←小池さんの指導の下頑張っている高校インターン生

 

それは日常の仕事の疲れやストレスを癒してくれる、いわゆるセラピー効果をもたらしてくれるのです。

皆さんもアルパカファームを訪れて、グリーンセラピーを体験してみませんか?

 

 

 

『レジリエンス』強化研修に挑戦!

先日行なった、軽トラ社労士・小池さんナビゲートによる
「畑を基点としたレジリエンス(しなやかな回復力)強化研修」というココロミ。

11753799_812786242149941_461960477_n[1]

●畑にて…土に触れ、土壌を耕し、作物を収穫。
●キッチンにて…収穫したものを自分たちの手で調理。
●地域に飛び出て…フィールドワーク

という3ステップの”体感”で、
心を整え、五感を刺激し、エネルギーを取り込み、”一歩踏み出す”力を養おう
というプログラムに、まずは私たち自身が取り組んでみました。

DSCN2122 ←まずはじゃがいもの収穫から。

DSCN2140 ←大きなじゃがいもがゴロゴロ!!

DSCN2141 ←次は冬野菜用の土に肥料を撒きます。

DSCN2145 ←その後、耕運機で土と肥料を混ぜ込みます。

DSCN2147 ←最後に夏野菜も収穫~!

体中を動かす畑作業はもちろん、
まっさらなところからレシピを考え暗黙のうちに
役割分担して短時間で組み立てる調理、
そして地域の人たちの手で創られ土地から生まれた魅力の詰まった場での楽しみ。

「個のレジリエンスを高め、それを組織全体のレジリエンス強化に繋げる」機会として、
とても効果的であることを実感する一日でした。

DSCN2153 ←調理もみんなで。

DSCN2158 ←おいしく頂きました!

そしてもう一つ感じたこと。
私は幼虫系がとにかく苦手で見るのも嫌で、
これまではそれを理由に頑なに畑作業を拒んで来ました。
でも、弊社農園部メンバーの姿や存在に心が軟化し、
場を共にすることで、「虫嫌いでもできる作業がある」ことを知り、畑に行けるようになりました。
さらに今回は、裸足で土の上を歩けるように!

11128773_825340990889259_1578405645_n[1] ←裸足で歩いても全く問題ありませんでした!

そういう自身の変化や些細な”新たな一歩”に驚き、
「”存在する価値”が、人の変化を促す」という意味を実感し、
農園部の存在にとても感謝しています。

11751289_812786235483275_208700781_n[1]

畑、という場から、日々の生活で鈍りがちな
五感を刺激し人間本来の力を呼び起こす「個と組織のレジリエンス強化研修」
ぜひこれから多くの方に体感していただきたいと考えています!

 

7/26 アルパカファーム開墾の第一歩!

7/26(日)に、当協会で耕しているアルパカファームへ。
今回は、いつもご指導頂いている小池さんにもご一緒してもらい、荒れた畑を開墾です。

11694791_918263811586220_476469228664053853_n

今回耕すことにしたのは、夏野菜を植えている畑の反対側にある畑。
こちらに、冬野菜を植えたいと考えています!!

11774616_828501203906571_469554957_n

が、長年そのままになっていた土の表面はカチカチ。
普段使っている方の畑の土もまだふわっとなっていないのですが、
こちらはクワでも歯が立ちません…!

11802175_828501153906576_1987414359_n

 

耕運機を使って一気に!

11791740_815762818518950_182242301_n

この真夏の暑さもあり、進んだのは6分の1ほど。
道のりは長い…。

 

さて、疲れを癒しに夏野菜のある畑へ。
日光イベントの際に植えた枝豆ととうもろこしがいい感じに!

11036725_918261338253134_1191707733693553611_n
↑ 生でガブリっ!!!うま~い!

畑で枝豆、疲れた体、額に流れる汗…
といえば!

やっぱりその場で美味しく頂くのが一番!ですよね~

11228109_918297288249539_7220099035539959885_n  11774396_828501097239915_1998294532_n

これが自分たちで野菜を育てる醍醐味でもあると思います。
大地の恵をたくさん頂きました。

いつかもっともっとたくさんの人たちと農業体験ができるような場を創っていきたいなあ!

冬野菜のためにも、新しい畑の開墾頑張りたいと思います!!

 

7/19 畑で耕す→収穫→実食の体験型研修!!

いつもアルパカファームでご指導頂いている小池さんの畑に農業研修へ!

農作業には、園芸療法といって、心も体も癒してくれる効果があるのだそうです。

見渡す限り緑の世界へ。

DSCN2115
↑ なんだか日光が思い出されますね!

まずはじゃがいもの収穫から。
2月くらいに植えるじゃがいもは、この時期に大きくなって根が枯れて、掘り出すとごろごろ出てきます。

DSCN2133

裸足でも気持ちのいい土。アルパカとは違ってふっかふかです。

DSCN2140

キタアカリと男爵を収穫!
本当に掘っても掘っても出てくる出てくる!

 

お次は冬野菜用の畑に肥料を入れて耕します。
耕運機もお手の物な本土くん。指導もしてくれました。

11128773_825340990889259_1578405645_n[1]

 

そして、夏野菜の収穫!
きゅうりが大きく実っていて、採り応えがありました。
なすやトマト、ししとうも。

DSCN2148

 

そして最後は期待の!スイカ!!
小池さんの畑でも初のこころみだそうです。
持ってみると….

ずっしり!!!重いんです!

11751289_812786235483275_208700781_n[1]

 

畑でしっかりと汗をかいた後は、小池さんのお宅にお邪魔して新鮮な野菜を調理。
きゅうりは浅漬けに。ナスは素焼きに。じゃがいもはバター醤油で!

 

うまい。

DSCN2158

添加物ゼロの揚げたてポテトチップスも、最高です。

11748587_746564715473895_976668024_n[2]

 

やはり、うまい。

DSCN2170

 

自分たちで植えて、自分たちで育てて、自分たちで収穫して、自分たちで調理して、自分たちで食べる。

やっぱり、この自然とのつながりに力をもらいます。
日本の古くからある、はたらくの原点である農業。

11739572_825341020889256_1439707599_n[2]

持続させ、発展させていきたいと思います!

小池さん、ご家族の皆さん、ありがとうございました!!!