日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

未分類

ご縁・つながりと感謝があふれる行程

こんにちは。有限会社人事・労務 持地です。

今回の日光街道を歩くイベントは、私自身初めてだったわけですが、1日目と2日目で気づいた点を活かしていこうと望んだ3日目でした。

徒歩リーダーの謙介さん、日光のイベントを楽しみにきた参加者、ゲストの方、毎年日光を体験、見てきた人事労務メンバーやJESメンバー、この日光を一緒に作り上げていこうと参加してくれたボランティアメンバー、それぞれさまざまな思いがあって望んでいるこのイベントに対して自分はどのような場にしたいのか、常に自分自身に問いかけながら動いていくことが大事かなと感じ、過ごした1日でした。

この日は横浜からゲストとしてお越しくださいました、石井造園株式会社の石井社長と美奈子さんが今回初で参加してくださり、1日目2日目とはまた違った和やかなムードの中スタートしました。

最初に古河の町で訪れた鈴木園さんでは、古くから大事にしてきた思い、お茶という日本の文化についてのお話を頂き、その思いに皆さん真剣に耳を傾け聞き入っていました。こうして日光街道沿いの歴史を語ってくださり温かく出迎えてくださることが本当に貴重でありがたいことだなと思います。

その後野木神社さんに到着し、落ち葉はきをしていると、ありがたいことにご近所さんから「ありがとうございます」というお言葉とお茶を頂きました。

私たちの活動はそういったところや、もしかしたらどこかあまりよくないところも含め地域の方からよく見られているのだなと嬉しさの反面、改めて気が引き締まる思いでした。

落ち葉は気が終わった後は、神社の澄んだ空気の中みんなでお弁当を頂きました。神社独特の澄んだ空気感の中食べるお弁当はまた別格で、なかなか味わえない時間だなあと。

その後宮司さんがいらしてくださり、神社でもオンラインイベントに力を入れてやっているんですというお話をお聞きし、地域に古くから根付く場所でデジタルの動きがあるというのは町としても心強さを感じるのではないかなと思いました。

その後、町歩きチームの石井社長達の元に同行させて頂きました。

古河の町を散策し楽しんでいらしたご様子で、いつもカフェに納豆の仕入れをさせて頂いている杉本納豆さんにお邪魔し、今回も美味しい納豆を購入させて頂きました。

いつもご家族一丸となって納豆をお造りされている姿が良いなあと思います。

また古河の町を歩き始めていると、石井社長が町の中から私たちが疑問にすら思わないさまざまなものをこれなんだと思うと問いかけをもらい、石井社長の視点から新たな発見がたくさんありました。

その頃徒歩チームでは蛸屋菓子店さんで小池さんご家族がお出迎えくださり、お菓子やお茶をご馳走になりましたとの報告があり驚きました。ありがたいことだなとしみじみ思います。

徒歩も終盤に差し掛かって、皆さん疲労困憊の頃、美奈子さんから手作りクッキーのお裾分けを頂きました。

おもてなしをする立場でありながら、優しい心遣いがとても嬉しく思いました。

そこでまた皆さん気合を入れ直したように歩き始め、ゴールまで。

この日は38キロという過酷な距離の中、さまざまなご縁・つながりの方から癒しの時間や勇気を頂けたおかげで、みんなで最後までたどり着くことができたのだなと感じます。

有限会社人事・労務 持地比加瑠


2021-01-14 | Posted in 未分類No Comments » 

コメント受付中です!

Comment





Comment