日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

沼津商工会議所にてセミナーを実施

沼津商工会議所にてセミナーを実施

人事・キャリアのコンサルティング会社である有限会社人事・労務(台東区:代表取締役 矢萩大輔)は、沼津商工会議所にてセミナー『会社が得する!労務管理・人材活用術教えます』を開催致しました。

「志の大きい会社が志の小さい会社を喰う時代」と言われる昨今、理念浸透の度合いによって企業の業績には4倍もの差が生じるといいます。

本セミナーでは、経営理念を組織に浸透させ業績向上を実現するために、就業規則を軸とした労務面と、クレド(信条)を軸としたES(従業員満足)経営という2つの視点から、講義を行ないました。

第一部では、日本ES開発協会 パートナーコンサルタントの小宮山靖行が、今年4月に法改正が予定されている労働契約法やパートタイマー労働法を中心に、会社を守るための就業規則の整備の必要性とその具体的施策について解説を致しました。

第二部では、㈲人事・労務 代表取締役で日本ES開発協会 理事長の矢萩大輔が、リッツカールトンホテルやジョンソン・エンド・ジョンソンなどの好業績企業で活用され、最近注目を集める手法『クレド』を中心に、ES経営の考え方を解説致しました。

ESを高めるために「クレドに基づいた行動の習慣化」や「社内コミュニケーションの円滑化」などの”7つのしくみ”があります。この”7つのしくみ”を組織の中で円滑に運用していくために、社員用手帳「ESクレドノート」を活用したマネジメント手法の説明なども交えての講義となりました。

参加者からは
「ESがCSにつながるという部分に共感を覚えました」
「創業時の就業規則の見直しの参考になりました。」
「『クレドノート』が斬新だと思いました。常にクレドを意識させるためにはもってこいのアイテムですね」
などの声が寄せられております。

沼津商工会議所セミナー

■セミナー概要
【タイトル】『会社が得する!労務管理・人材活用術教えます』
【日  時】平成20年2月19日14:00~16:00
【主  催】沼津商工会議所

■発効日:2008年2月19日

■ニュースリリースに関する問い合わせ先
有限会社 人事・労務
〒111-0036
東京都台東区松が谷3-1-12 松が谷センタービル5F
Tel:03-5827-8217
Fax:03-5827-8216

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

コメント受付中です!

コメント受付中です!