日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

ローカルではたらく, 未来の新たな”はたらくカタチ”

『レジリエンス』強化研修に挑戦!

先日行なった、軽トラ社労士・小池さんナビゲートによる
「畑を基点としたレジリエンス(しなやかな回復力)強化研修」というココロミ。

11753799_812786242149941_461960477_n[1]

●畑にて…土に触れ、土壌を耕し、作物を収穫。
●キッチンにて…収穫したものを自分たちの手で調理。
●地域に飛び出て…フィールドワーク

という3ステップの”体感”で、
心を整え、五感を刺激し、エネルギーを取り込み、”一歩踏み出す”力を養おう
というプログラムに、まずは私たち自身が取り組んでみました。

DSCN2122 ←まずはじゃがいもの収穫から。

DSCN2140 ←大きなじゃがいもがゴロゴロ!!

DSCN2141 ←次は冬野菜用の土に肥料を撒きます。

DSCN2145 ←その後、耕運機で土と肥料を混ぜ込みます。

DSCN2147 ←最後に夏野菜も収穫~!

体中を動かす畑作業はもちろん、
まっさらなところからレシピを考え暗黙のうちに
役割分担して短時間で組み立てる調理、
そして地域の人たちの手で創られ土地から生まれた魅力の詰まった場での楽しみ。

「個のレジリエンスを高め、それを組織全体のレジリエンス強化に繋げる」機会として、
とても効果的であることを実感する一日でした。

DSCN2153 ←調理もみんなで。

DSCN2158 ←おいしく頂きました!

そしてもう一つ感じたこと。
私は幼虫系がとにかく苦手で見るのも嫌で、
これまではそれを理由に頑なに畑作業を拒んで来ました。
でも、弊社農園部メンバーの姿や存在に心が軟化し、
場を共にすることで、「虫嫌いでもできる作業がある」ことを知り、畑に行けるようになりました。
さらに今回は、裸足で土の上を歩けるように!

11128773_825340990889259_1578405645_n[1] ←裸足で歩いても全く問題ありませんでした!

そういう自身の変化や些細な”新たな一歩”に驚き、
「”存在する価値”が、人の変化を促す」という意味を実感し、
農園部の存在にとても感謝しています。

11751289_812786235483275_208700781_n[1]

畑、という場から、日々の生活で鈍りがちな
五感を刺激し人間本来の力を呼び起こす「個と組織のレジリエンス強化研修」
ぜひこれから多くの方に体感していただきたいと考えています!

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

コメント受付中です!

Comment





Comment