日本ES開発協会|日本の未来の”はたらく”を考える

ローカルではたらく, 未来の新たな”はたらくカタチ”

7/19 畑で耕す→収穫→実食の体験型研修!!

いつもアルパカファームでご指導頂いている小池さんの畑に農業研修へ!

農作業には、園芸療法といって、心も体も癒してくれる効果があるのだそうです。

見渡す限り緑の世界へ。

DSCN2115
↑ なんだか日光が思い出されますね!

まずはじゃがいもの収穫から。
2月くらいに植えるじゃがいもは、この時期に大きくなって根が枯れて、掘り出すとごろごろ出てきます。

DSCN2133

裸足でも気持ちのいい土。アルパカとは違ってふっかふかです。

DSCN2140

キタアカリと男爵を収穫!
本当に掘っても掘っても出てくる出てくる!

 

お次は冬野菜用の畑に肥料を入れて耕します。
耕運機もお手の物な本土くん。指導もしてくれました。

11128773_825340990889259_1578405645_n[1]

 

そして、夏野菜の収穫!
きゅうりが大きく実っていて、採り応えがありました。
なすやトマト、ししとうも。

DSCN2148

 

そして最後は期待の!スイカ!!
小池さんの畑でも初のこころみだそうです。
持ってみると….

ずっしり!!!重いんです!

11751289_812786235483275_208700781_n[1]

 

畑でしっかりと汗をかいた後は、小池さんのお宅にお邪魔して新鮮な野菜を調理。
きゅうりは浅漬けに。ナスは素焼きに。じゃがいもはバター醤油で!

 

うまい。

DSCN2158

添加物ゼロの揚げたてポテトチップスも、最高です。

11748587_746564715473895_976668024_n[2]

 

やはり、うまい。

DSCN2170

 

自分たちで植えて、自分たちで育てて、自分たちで収穫して、自分たちで調理して、自分たちで食べる。

やっぱり、この自然とのつながりに力をもらいます。
日本の古くからある、はたらくの原点である農業。

11739572_825341020889256_1439707599_n[2]

持続させ、発展させていきたいと思います!

小池さん、ご家族の皆さん、ありがとうございました!!!

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

コメント受付中です!

Comment





Comment