インターン

元インターンシップ生小保内さんフランスから凱旋

インターンシップの先輩、小保内さんが、フランスから凱旋!
大学一年生の時から約3年間という長きにわたりインターン生として、JESの事務局を務めてくれた小保内さん。日光街道まるっと学び舎プロジェクトやグリーンフェスで毎年走り回っていました。

JES 小保内さん

そんな彼女も、今は大学を休学し、WWOOFという仕組みを使って、フランスの農村で有機農業を学ぶ日々。

フランスや近隣国の人々の国民性や文化の違いで戸惑いはあったそうですが、今ではすっかり、フランスの農村コミュニティのあり方に共感し、魅力を教えてくれました。

やはり、農業は、はたらくということの原点。多様な国籍、年齢の人々とともに農作業をし、さまざまなつながりの中で自分自身を磨く小保内さん。またすぐ半年間フランスに旅立ちますが、また次はどんな変化、成長が見られるのか、今からすでに楽しみです。

 

7月6日に「未来のはたらくカタチを描く学生の活動~ミラカツ~」をプレ開催しました。

7月6日に「未来のはたらくカタチを描く学生の活動~ミラカツ~」をプレ開催しました。

13713524_1017874971635859_829749094_n

ミラカツとは、社会でかっこよくはたらく大人たちから、学生や若手社会人が学びを得る場。自分自身の将来を思い描き、自己変容を起こすことを目的とします。

プレ開催ということで、今回は私たちインターン生2名が学生サイドとして参加し、ダイバーシティ実践会の参加者3名にインタビューワークを行いました。この3名は普段社会保険労務士、中小企業診断士として活動されており、仕事を通して地域や社会の課題解決に貢献していこうという方々。それぞれの生き方やはたらくことに対するおもいをうかがいました。

お話の中で印象に残ったのは、「やろうと思ったら行動に移す」こと、「5年・10年先の自分を思い描くことが大切である」ということです。

学校生活だけでは接点を持つことができない職種の方々のお話を聞くのはとても貴重な時間でした。大人の方々も私たち学生に対して興味を持ってくださり、学校生活や就職活動に関する質問をされ、自分の将来や考えをアウトプットすることで、それらを見つめなおす良い機会になりました。私たちはもちろん、インタビューを受けてくださった社会人の方にとっても新鮮で有意義な時間になったのではないかと思います。

また、熊本学園大学の学生で、震災後ボランティアグループで活動をしている北森さんともオンラインで通信しました。北森さんの所属するボランティアグループは、避難所でカフェスペースを運営し、大人の話し相手や子どもの遊び相手となり、避難している方に活力をもたらしています。短い時間ではありましたが、震災後の様子や現在の活動状況などを聞かせていただきました。東京と熊本、距離は遠いですが、つながることもできるという便利さを感じるとともに、距離を言い訳にせず、私たちもできることを続けていく必要性を実感しました。次回も北森さんから詳しくお話をうかがう予定です。

毎月第一・第三水曜日にミラカツの開催を予定しています。第一回のミラカツは7月20日です。「はたらく」を知りたい学生、人生の先輩から学びたい若手社会人など、ぜひご参加ください。お待ちしています。

お問合せ:info@jinji-roumu.com

 

熊本訪問にて、熊本学園大学の先生と お話させていただきました(5月28日)

先日の熊本訪問の折、熊本学園大学の先生とお話する機会をいただきました。

ご自身も被災され未だ生活環境が整っていない中、貴重なお時間をいただきました。

23

<現在の学生たちの状況について>

・5月9日の週から、授業再開。

・ただ、半数しか学生は出席していない。おそらく、自宅が全壊して授業どころではなかったり、自身が避難所にいたり、なかなか授業に集中できない状況にある学生も多くいると考えられる。

・この状況が、あと半年以上続く可能性は極めて高い。

・感覚としてはまだ「非日常」。非常事態の下にある感覚。日常に戻るまでは時間がかかると思われる。

・学内のボランティアサークルが、地震直後から益城町等の継続支援を行なっている(避難所運営のお手伝い・避難している方々との対話、など)。

22

 

<現在の大学の状況について>

・(新聞記事の通り)クマガクは”福祉避難所を自主的に運営”している。直後は高齢者・障がい者を含む約700名が避難していたが、今は数十名とのこと。

・職員と学生ボランティア中心に、24時間体制で受け入れ対応。自身も被災しながら対応をする職員の大変さ。

・もともとバリアフリー構造だったため(社会福祉学部がある)、避難所としての機能をつくりやすかった。トイレ、運営体制、部屋のつくりなど。

・「あの大学ならば受け入れてくれるはず」と、高齢者・障がい者が多く集まる流れができた。その噂を聴いて、さらに他の避難所からも集まってきた。

・指定避難所でないため、物資は自己調達。全国から支援物資が集まり、それらによって対応した(特に東北から真っ先に届いた)。

・3.11の際、クマガクは東北学院大学を拠点に継続的な支援を行なってきたため、そのつながりで東北からの支援が多く集まったと思われる。

21

現状、6月7月の再訪の折に農業ボランティアに参画できる学生がいないか、働きかけています。

また、ミラカツ(JESで行なう学生勉強会)において、動画会議システムを使って遠隔参加し、関東の学生との交流をはかる機会ももつ予定です。

 

熊本学園大学の学生の皆さんはもちろん、地域の未来を創る担い手である多くの学生たちが、今は家族や地元の復旧復興に関わっていると思われます。

その経験は、きっと彼らの将来にしっかりと活きてくるはずですが、今のさまざまな不安(就職活動や学業等々)を少しでもやわらげられるような情報提供・場づくりをできないものかと考えています。

また、非常時における大学の役割、という点では、今後の関東方面の減災の取り組みとしても非常に参考になるなと感じました。

 

また動きがありましたら報告させていただきます。

 

学生インターンの取組み

今年度も、大学生のインターン生が来て下さいました。

インターンシップ生は明るく元気な子がとても多く、私たちも刺激を受けます。

学生がいることで雰囲気も変わってきます。

 

!   11800591_901654953254137_5132575784775756045_n        ←日本大学3年武井さん

 

ライフスタイルに刺激を与えられれば良いなと考えています

社会でこの早い段階、良い経験です。

インターンシップ制度は今多くの企業が取り上げていますが当協会では

学生時代には経験できないことや社会に出て必要な要素。

学生一人一人にの良さを引き出そうとしています。

そのため、たくさんの取組みを行なっています。

 

12002934_916261208460178_8359783084109707911_n  ←価値観ゲームを大学生インターンと行なっている姿

 

弊社のメンバーで社労士の松永さんによる「価値観」についてのお話と価値観ババ抜きというゲームを行ない、

大学生インターン生に価値観について考えてもらい今後の社会で大切なことを学んでもらいました。

大学生インターン生を見て刺激をもらい勉強になる部分もたくさんありました。   他にもたくさんのインターン生が来てくれました。

 

12019983_923744217711877_3202956914297252336_n ←大学生インターン生で仲良く農業作業。

 

11231201_903869959699303_4291202824997167063_n ← 東京富士大学3年 玉川さん

 

 

12717373_993282087424756_5275136212507937343_n ←高校生インターン

 

 

今年も様々な学生インターンを受け入れ、刺激を受け社会勉強になってもらえるよう これからも学生と共に盛り上げていけたらと思います。

 

ワークスタイル変革シリーズ~働く上で、生きる上で必要なコトとは?~

ワークスタイル変革シリーズとははたらく上で生きる上で大切にしている3つのこと。

経営者21名に取材し、手帳にするというプロジェクトを行なっています。

 

 

12039373_921791607907138_6005234594479247521_n

← 株式会社スリーハイ代表取締役 男澤誠様

 

この21名の経営者は働き方はそれぞれ違いますが必要と考えおり、活躍されている人ばかりです。

勉強になる部分もたくさんありました。

働き方も違い方向性や考え方も違いますが志があることによってはたらく上生きる上で大切なワークスタイルが出来上がって

いくことが分かりました。

 

1008 044 ←楽しそうに取材をしています。 オルタナ 池田さん

 

これから起業しようと考えている方、学生や就職活動に向かっている若者たちにこの手帳を見て頂いて

これからの「働き方と生き方」を融合した働き方を若者が創り上げていく力がこれからは必要になるのではないかと思います。

 

 

12335895_1747703802126303_129440989_n ←東京富士大学 講師 志塚さん

弊社のインターン生として動いてくれている玉川さんの大学の先生であり、

学生も見守る中行った取材でしたが、先生ならではの3つのことを知ることができ、

楽しい取材になりました。

 

この手帳には様々な方が関わって下さっています。

手帳の表紙は春日部の桐箪笥を使ったものとなっています。

このつながりを大切に今後も「生き方とはたらき方の融合」を追究していきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

2015年度新年会!今年も盛り上がりました!

 

2月5日に新年会を開催させていただきました!

ご出席して下さったみなさまありがとうございました!

 

IMG_4284  IMG_4309

 

オープニングから餅つきや演奏がありご参加して下さったみなさまも驚かれていました。

 

IMG_4375     IMG_4417

IMG_4469      IMG_4549

今年の新年会では影山先生をはじめ、グリーンフェスに参加して下さった

春日部にあるおづつみ園の尾堤社長。

毎年お世話になっている横浜の石井造園株式会社の石井社長など、

たくさんのご縁のある方々にご出席頂きました。

 

IMG_4598      IMG_4504

IMG_4517      IMG_4523

 

IMG_4528      IMG_4575

 

また、学生メンバーとラウラによる出し物も行いました!

弊社の西田にも参加祖て頂きました!!

IMG_4607      IMG_4637

ラウラの着物は手づくりのモノ!

あたたかく見て頂きありがとうございました!

 

そして今年はES推進賞にに二人の方を選ばせて頂きました!

IMG_4717      IMG_4778

小池さんと村田さんのお二人です。

この1年間沢山のコトをしてくださり、この二人の力があったからこそJESでの活動も

行うことが出来ました。

また村田さんにはさらにES大賞を授与させていただきました。

 

また学生メンバーでこの新年会で動いてくれた

本土くんと玉川さんには今後の期待を込めて、認定証を授与しました。

IMG_4823       IMG_4882

学生二人もたくさんの経験をし、成長してきました

今後も更なる成長を込めて認定証を送りました。

2人の成長をJESを通して様々な方に見て頂けて光栄です。

 

また、今年も様々な方とのご縁があることを願い、

今年一年も活動していきたいと思います。

 

IMG_4899

多くの皆さんに支えられてここまでやってくることができ、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様、今度ともどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

第6回 Good Job グリーンフェス 中ブース編

11月21日 「第6回 Good Job グリーンフェス」がアクシス春日部で開催されました。

 

今回は昨年と会場が変更し、「アクシス春日部」で開催されました!!

今回は外ブースと中ブースの二つに分かれそれぞれ展示やゲーム。

ブース出店の模様などを紹介していきたいと思います。

今回のグリーンフェでは、感じる・楽しむをテーマに中ブースではこのような事が

行なわれました。

 

まずは感じるのテーマに沿って行なわれたのが、

春日部オールロケ短編映画 「一葉の桐」上映会&トークショーが行なわれました。

「一葉の桐」とはどのような映画か?

春日部の桐箪笥をはじめ、麦わら帽子、押絵羽子板、大凧・地酒など多くの‘各壁生産品・各署‘が登場する映画になっており、

「はたらく‘って何?」など感じ、考えてもらうために上映されました。

そのあとのトークショーでは春日部で桐箪笥を作っている

飯嶋社長と当協会会長の金野がお話させていただきました。

 

IMG_1337

‘ローカルではたらく‘をテーマにお話させていただきました。

 

次に楽しみがテーマとなっている

ストラックアウト&キックターゲットを行ないました!!

子ども達もたくさん参加してくれて楽しんでもらいました!

 

DSC_0306

←子どもたちを応援している村田実行委員長とゆるキャラ2対(笑)

すごく楽しそうです!!!

 

その他にも特別企画で「未来のかすかびあん」が開催されました。

未来の春日部で暮らし、はたらく人「かすかびあん」を子供の豊かな感性を活かして描き、一枚の作品にします。

子供達が創り上げる「未来の春日部」はどうなっているのか?

 

DSC_0368

 

IMG_7057-5             DSC_7503-18             DSC_8054-140

 

子供達が楽しそうにらくがきをしています。

完成したものは展示されていますのでチェックしてみてください!!

 

その他にも沢山のブースがありました!

 

DSC_0296

←リーベタカハシ様 革工房KERO様 革工芸(さくら)様

 

DSC_0288

→読売IS様

DSC_0289

←フロリエイド様

DSC_0286

←一文字セラピー様

 

DSC_0298

←パワージュエルセラピー協会様

 

その他にも、沢山の方々が参加してくださいました。

飯島桐箪笥製作所様 ソニー生命様 一ノ割珈琲工房様 はじめ様 フロリエイド様

I Cassa様 金谷ホテルベーカリー様

ご参加いただきありがとうごさいました!

 

プランター教室も開催されたくさんの方が参加してくださいました。

とても興味深い授業になりました!!

DSC_0302

その他にも景品をかけてのじゃんけん大会や中ブースでも

楽しく開催されていました。

DSC_0422

DSC_0347

 

ご参加して下さった皆様ありがとうございました。

 

中ブースも盛り上がりましたが外ブースも負けていません!

次の記事では外ブースを紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

第6回 Good Job グリーンフェス 外ブース編

 

 

前回の記事では中ブースをご紹介させていただきましたが

今回は外ブースを紹介させていただきたいと思います。

 

DSC_0121

最初は和太鼓による演奏。

迫力がありました!!

 

外ブースでは主に食べ物や植物といったブースが並んでいました。

ココで出店者様をいくつかご紹介したいと思います!

 

 

DSC_0073

ラウラのキッチン ドイツ料理をラウラが作ってくれました!

 

DSC_0215

おづつみ園様

DSC_0211

 

DSC_0338

NPO 法人藤源郷

 

DSC_0334

ぱなり様

DSC_0205

勝山商店様

DSC_0207

七夜さま

その他にも、たくさんの出展者様が参加してくださいました!

前田牧場様 903シティファーム 菓子匠青柳様 伊勢や様 キッチンハル様

お菓子の家 スワン様 ミートショップ関根様 ASAKUSA Gate cafe

たくさん美味しい料理を出店して下さりとても当協会メンバーも

仕事をしつつ料理を楽しんでいました!

とても美味しかったです。

 

DSC_0156

DSC_0181

DSC_0192

DSC_0400

DSC_0244

DSC_0250

 

沢山の笑顔と仕事風景が見られとても楽しいイベントになりました。

様々な協賛企業様のおかげで今年も無事に開催し終了することが出来ました。

来年も今年以上に盛り上げられるよう努力していきますので

よろしくお願い致します。

 

その他に学生インターン、高校生ボランティアの皆さんも参加して下さり

若い人の力の強さを実感いたしました。

ありがとうございました。

 

 

 

いろいろなメディアでご紹介いただきました!

 

春日部で開催したグリーンフェスについて、 いつも新聞折り込み等でお世話になっている岡本さんのご紹介で、

地域新聞さんに掲載して頂きました。

あらためて、地域の方々に支えて頂き、開催しているイベントだなと、実感します。

 

12365931_957962820956683_5090213378460174613_o

これが地域新聞で紹介させていただいた記事になります!

 

そして、J:COMさんで埼玉県の番組でグリーンフェスについて放送されました!

これも驚きました。

当日、当協会の実行委員長の村田と事務局長の瀬戸山が取材を受けました。

緊張の面持ちでしたが、放送された映像はとてもよく紹介されていました!」

とても感動しました。

12268901_868594053235826_1319998247_o

 

12286043_792689927507005_182906251_n

 

取材された様子です。 すごく新鮮です。

12274397_869880973107134_8220924407162125414_n

12249933_869880993107132_9167220699279532673_n

12112474_869880969773801_2546250186114190699_n

このように紹介されました!嬉しいです。

メンバー全員でこの取材の映像も何回も見ていました!!

12311118_869880963107135_9113674814295126039_n

 

12289664_869880966440468_2447865844528341838_n

 

来年のグリーンフェスでも紹介して頂けるように

力をいれ、春日部の地域を盛り上げられたらと思います。

メンバー一同頑張りますので、今後の支援、応援をよろしくお願い致します。

 

 

 

グリーンフェス開催までの道程

 

2015年11月21日

当協会主催 「第6回 グリーンフェス」が開催されました。

 

このイベントは年に1度しかないイベント

自分たちの地元ではない「春日部」を舞台に地域プロジェクトのためにあるこのイベント。

当協会では毎年一つ一つの活動を学生が中心に考え運営しています。

そこで、本番当日までの道程を紹介していきたいと思います。

 

 

12115499_934774783275487_2926158475410487938_n

← グリーンフェスに参加して下さったみなさま。

 

12240128_1102223286456811_680986578113969167_n ←ラウラによるブース用看板作り。30枚作ってくれました!

 

11921627_910262605726705_3592966076392527796_n ← 【お菓子の家 スワンさん】  石川社長

 

11954559_913673025385663_8003383680483333922_n ← 【ミートショップ関根さん】  関根さん

 

グリーンフェスに向け学生インターン生が挨拶周りをしました。

 

12241382_944715805614718_2374818074491031457_n

春日部のイベントに学生インターンの2人がグリーンフェスに参加して下さった

おづつみ園社長 尾堤 宏様

またチラシ配り、ポスティングなども行いました!!!

12516280_1775501799346503_297132592_n      12767627_1775501819346501_1794511492_n

会場の近くのマンションでポスティング                              春日部にあるで薬局でポスターを貼らせていただきました!

 

12767360_1775501789346504_1637535147_n ラウラもポスティングに参加してくれました!感謝です!

 

この他もかすかびあんでの活動や会場のセッティングなど。

沢山の業務をこなし、たくさんの方々の支えがあり、無事に開催することが出来ました。

学生インターン生は初めてなことばかりでうまく進まない部分もありましたが、

いい経験になりました。

これほどグリーンフェスに力を入れていました。

次の更新では、グリーンフェスの当日の流れや中と外のブースごとに紹介させて頂きます!